だんだんラインが消えてきたよ

前回の続きです。

年月が経って、二重のラインがだんだん消えてしまうというケース。



これがいわゆる
「埋没法で元に戻ってしまうことがある」という話。

前回書いた
”糸が最初のうち弱くて、強くこすりすぎると ほどけてしまったりする”のとは内容が違います。



まぶたの中で糸をかけている部分は、たとえば金属のように硬い部分、だとかということは無いです。
むしろ柔らかいところに糸がかかっている。
そうすると、糸に対する負担が大きければ大きいほど
だんだん糸の位置が微妙にずれてしまい、ひっぱりきれなくなるのです。

(うまく言葉で説明できなくてすみません! 口下手なので・・・)


糸に対する負担が強いケースは

 広すぎる場合  (広くて無理している!)
 まぶたが重い=目の上の脂肪が多い場合  (重みが加わっている!)
 たるみがある場合  (これも重い!)

などが挙げられます。


戻りにくくするにはどうしたらよいか?と聞かれると
一番はその人にあったラインをみつけることと言えます。
(診察時のシミュレーションでそれは判断できます)


どうしても埋没法では希望のラインにならない場合は
切開を伴う行為を考える場合もあります。
どう考えていくか?ですね。




カウンセリング時に話し合い、シミュレートして
「何が可能か」、「どうしたいのか」
それを突き合せ、共に考えながら道を探っていくしかないです。
なんでもたずねてください。
医師は道案内でもあるのです!!









関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR