ほんの少しの変化が大きな効果を生む

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







無理に大きなラインをとらなくても
目を美しく見せることができる、というパターンもけっこうあります。


もしもナチュラルメイク中心のスタイルの方であれば
あっさりとしたラインでの変化は非常に有効なのです。
(逆に濃いめのメイク中心の方の場合は、広いラインでなくては映えない場合もあるので注意です。どちらが好みか?によりますね!)



では・・・
一重まぶた→広すぎない末広型ラインの変化のお写真を見てみてください。


まずは術前。一重まぶたです。
術前

では、埋没法手術がおわってすぐの写真と比較してみて下さい。
手術直後
手術終わってすぐ、なのですが
狭めのラインなのでほとんど腫れもわからないです。
手術がおわってすぐでこのぐらい自然だと文句なし、ですね!
でも、目のかたちの変化があきらかに見える、と思います。
派手すぎず、嫌味のない変化ながら、目は美しく映えているのではないでしょうか。
非常に効果が大きい、ということがおわかりいただけますね!




最後に1週間目のお写真も掲載します。
手術後1週間
これと比べれば、直後の写真はほんの少しだけどむくんでいたのがわかるかな?というところです。
より滑らかになり、落ち着いていますね。
でも目の形の美しい変化はそのままです。

「全く腫れない」ではないにしても非常に腫れを抑えた手術。
「腫れない二重まぶた手術」を目指してのさまざまなテクニックや知識の現時点での集大成です。





こういった、ちょっとした変化が絶大な効果を生む、というパターン、最近いろいろお写真掲載していますが
おわかりいただけるのではないか、と思います。
大きく変化してしまうのが怖い、という人にも有効な手術ですし
ダウンタイムが少なくてすむので、さまざまな方におすすめしやすい、と言えます。



こだわりの埋没法、モニターも募集していますので
詳しくはホームページを参照して下さい。




PS
拍手コメントへの返事です。

>pさん
じつは僕は何ミリ、というのにはあまり厳密こだわっていなくて
まぶたを閉じたときの皮膚の流れ方と、手術を受ける方の希望とをミックスしていろいろなことを考えています。


写真で見ていただいての判断になるのですが・・
だいたい目の幅は3cmくらい、というものなので換算すると
ブログ記事No154の写真は9mm前後ある感じですね。

ライン幅を大きく取ると
もともとラインがある方は三重まぶたに見える、というようになります。
三重が良いか、気になるかは あとは本人の判断。
メイクをしてしまえば問題なし、とする人も多いです。


シミュレートをしてみて 三重まぶたが気になる、というのであればラインを少し狭めてみると
目立ちにくくなりますよ。
(手術を受けている方の場合は狭めるときに糸取りをすることになりますね。)

この方に質問いただいた記事(No154)はこちらから
今回の記事とはまた違って大きな変化、のお写真ですが
それもまた一つの回答、ですね。
ぜひ参照してみてください。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR