FC2ブログ

一重→平行の変化 昨日の続き


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



昨日のブログと同じようなパターン
一重から派手すぎない平行型への変化の例です。
昨日のお写真とも比較してみてもよいかと。



まずは術前を見てみましょう。
前
左右で目の大きさが違う感じですね。
これは いわゆる眼瞼下垂という状態ではなく
左側は奥二重があり、右側は純粋な一重まぶた
それによる目の大きさの差です。


このお写真でわかるように
一重の方は奥二重を形成するだけでも目が大きく見えます。

一重→奥二重 の変化だけでも効果は得られる、ということですね。
そういった変化を望む方も、二重手術に挑戦していただくのも良いです。



埋没法手術希望の場合
大きい変化であっても小さい変化であっても
手術可能、という範囲であれば
リクエストしてもらえれば、と思います。




では直後のお写真に移ります。
直後
腫れの少なさがわかりますね。
少しむくんだ感じがあるかな?といったところです。
平行型のラインが生み出されおり
時間がたつとさらに滑らかになります。




ということで次に一週間目の写真を掲載します。
一週間
メイクが映えますね。
いい感じです。
直後の写真よりもたしかにどことなくラインが滑らかです。


こういったタイプの変化は
派手になり過ぎず
それでいて非常に華やかな印象を与えるという特徴があります。



どんな変化を求めるのか。
自分の求める印象の変化のタイプに近いものを
このブログに掲載されたたくさんのお写真の中から選んでもらうのもよいでしょう。

今日手術を受けられた患者様の中に
自分の求めるラインに近いお写真をこのブログの中から数枚提示してくれた方もいらっしゃいました。
それもわかりやすくて良いですね。









PS

拍手コメントへの返事です。

>naさん
一週間目の目を閉じた写真、了解しました。
全員は撮っていないのですが・・撮っている方もいるので
次回以降に掲載しますね。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR