一重→平行の変化

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回のお写真は 一重まぶた→派手すぎない平行型ライン への手術を行った患者様です。


この患者様とはだいぶ前にもカウンセリングをしたことがありました。
今回もう一度カウンセリングを行い、手術を決意するところとなり、埋没法を両目に施行しました。


カウンセリングを受けたからといって、必ず手術を受けなくてはならない、ということはありません。
商売、ととらえた場合、「何をそんな甘いこと言ってんだ」というようになるかもしれないのですが
僕はそれでもいいと思っています。
冷やかしやギャグでカウンセリングだけ受けてみた、なんていうのだったら嫌ですが
カウンセリングを受けて、シミュレートを通し、いろいろきちんと考えてみたうえで
受ける、受けないをしっかりとした意思をもって決定するのが一番だからです。
本当にそう思っています。


あやふやな思いではなく、きちんとした思いを持つこと。
そしてそれに対し、こちらもきちんと確立された手術を丁寧に行うこと。


そういったかたちで行っていければ、といつも思っています。

全てそういう理想通りにはいかないかもしれないけれど
出来る限り。



ということで
この患者様とも、いろいろと話をしっかりしたうえで手術を決定したわけです。



まず術前のお写真です。
手術前
一重まぶたなのでラインを生み出していこう、となったとき
どんなラインだったら可能なのか、目に合うのか
それを考えながらデザインを施したわけです。



埋没法直後のお写真です。
直後
派手すぎない、末広型に近いかな、というタイプの平行型。
少し広めかな、という感じですがメイク後の写真(1週間後)を見てましょう。



1週間後です。
一週間目
腫れがおさまり、すこしナチュラルな感じになったのと
メイクによって、少し広い感じ→やや目を大きく見せつつ、広すぎなく見せる、というようにしていますね。


ラインが生み出されると
メイクもいろいろな可能性がまた開かれることでしょう。



この患者様もいろいろ考えたり、悩んだりした末に手に入れたラインを
すごく喜んで下さったのがとても印象的でした。
そういう時は僕も本当に本当に嬉しいのだから。





モニターも募集しています。
詳しくはホームページをチェックし見てください。 
モニターについていろいろ知りたい方はクリックしてこちらも読んでみて下さい






PS
拍手コメントへの返事です。


>nnnさん
埋没法で戻ってしまっても、再手術、というのを検討することは十分可能です。
切開法に移行する方もいますが
そこは本人の希望しだい、あとは取れるダウンタイム次第。
僕のところに相談しに来てくださるのももちろん可能ですよ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR