上まぶたの脂肪取りの写真

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回は脂肪取のお写真を掲載します。

上まぶたの腫れぼったさがきになるケースでは脂肪を取ることがあります。
ただ、以前にも書いていますが
まぶたの脂肪はだんだん減ってきますので
少ない人が無理に取ったりだとか
若いうちに多く取りすぎてしまう、というのは良くはないです。


明らかに多いケースであれば減らす、という目的で脂肪を取るのはひとつ考えてもいいかな、と思います。
少しだけ二重のライン上の皮膚を切開し (4~5mm前後)
そこから脂肪を取っていきます。



また、脂肪を取ったからといって
広いラインがかならず作れるようになる、というわけでもないので 
そこも注意点です。
脂肪が多いから、取らないと二重にならない、と言われたので取った、というパターンはよく聞きますが
本当にそうなのか?!という疑問は尽きないです。
無駄な手術だったらやらないほうがいいかなと。
必要ない手術をすすめてくる医者もいるので要注意!
よく話し合い、よく考えることが大事です。





ではお写真を見ていきましょう。


手術前です。
手術前
ラインを少し広げること プラス、上まぶたを少しすっきりさせる、という目的で
埋没法+脂肪取り の手術を計画しました。
本当にすっきりさせたい場合は、皮膚を切り取る、という行為も含む切開法のほうが良いのですが
朝のむくみも強い、ということで脂肪取りの施行も計画したわけです。
むくみやすい人には有利な手法なのです。




手術直後のお写真を見てみましょう。
手術直後
さすがに埋没法だけ、というよりは腫れは出るかな、と。
左は予定より少し違ったラインが出ています。
ちょっと平行っぽくなっている。
これはやや腫れているせいですね。



では1週間、抜糸に来た際のお写真です。
手術1週間
だいぶ落ち着きました!
ラインを少しだけ広げた、というのはわかりますね。
すっきりしてくるのは、もう少し後かな、と。
2~3週見ていくと少しずつ変化してきますね。




脂肪を取った傷を見てみましょう。



手術直後です。
傷 直後
非常に細かく縫ってあります。
縫わないで終わらせるクリニックもあるのですが
そこでやった、という傷を見ると時々通常より目立っていたり、きれいじゃなかったりするので
僕は細い糸で細かく縫う事にしています。
より目立ちにくい透明な糸で縫うことも可能です。
目を開いてしまうと見えないですけどね。


抜糸直後の傷です。
傷 1週間
少しだけ赤いのと、まわりがうっすらと内出血していますね。
メイクで隠していくとほとんどわからないのではないでしょうか。
内出血も赤身もどんどん落ち着いていきます。


最後に・・・

見たくない人は見ないようにしましょう



取った脂肪です。
切開したところから探っていき、眼窩隔膜という膜の下の脂肪(眼窩脂肪)を取り出します。
このぐらいなら取ってよい、という量は手術操作をしていてある程度検討がつくので
それに従って行っていきます。
無理やりなとりすぎは禁物。


では写真です。
黄色いかたまり。


脂肪
小指の先、よりは小さいくらいの大きさでしょうか。

このかたまりは、やわらかいグミのようににゅーっとでてきます。
手術後に撮った写真なので少し乾いているかな。もう少しみずみずしいです。
ぼそぼそと小さい破片の脂肪だけ取っている写真などをみたことがありますが
それは違う層からの脂肪で
それがちょっと無くなったところで
むくみにくくなったり、すっきりしたり、ということはないでしょう。
1~2mmの切開した傷から取ります、なんていううたい文句のときはその程度の効果しか期待できません。
(取り過ぎられて困ることもないでしょうが)

きちんとした手順できちんとした手術を行うことが大事なわけです。



埋没法のモニター募集もしています!
詳しくは↓をクリックしてください。 
モニターについて知りたい方はこちらをクリックして読んでみて下さい

脂肪取り、のモニターに興味ある方は直接お問い合わせくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR