クセはついてきたものの・・・ → クセを生かす。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





アイプチやメザイク、もしくはつけまつげ などなどで
二重まぶたラインのくせがついてくる、というのはありえることです。

その人のまぶたでなりやすいラインがあって
そこにうまくフィットさせていると
少しクセがついてくる、というのはよくみられることです。
(非常になりにくい人もいるし、広いラインではなりにくいです。あくまで目に合ったものの場合、でしょう)


ただ、クセがついてきても
完全な二重ラインにはならないケースが多いのも確かです。


ここに糸の力でアシストしてあげて
しっかりしたラインを生み出していくのは
もとに戻る確率も低い、非常によい計画だと思います。



今回のお写真はそういったケースと言えます。


まずは手術前のお写真を見てみましょう。
術まえ
右の方がしっかりしていますが、それでもすこし薄いかな?というライン
左はさらにはっきりしません。
この左右両側のクセをうまくいかして埋没法を施行しました。



手術終了直後のお写真です。
術後1
細かく見ていくと、左のクセのほうがやや広かった、という感じです。
(ほんとに細かい話ですが)
でも、これはその人のなりやすいライン、ということで
そこは尊重していくほうが自然でもとに戻りにくいラインになりやすいです。



クセがついてくる部分、というのは
もともと内部に力がある
二重にはなりきれないけれど力があるところにできやすいので
アイプチなんかをいろいろ試していても
自然とそこに決まってくる、しっくりくる、というパターンが多いです。




最後は1週間たってからのお写真です。
この方の場合、最初の腫れも少ないのであまり変化はないですが...
術後週 1
非常に自然でいい感じではないかな、と思います。



埋没法を行う際のデザインは、いろいろと考えられるわけですが
こうやって クセの場所、二重になりやすい場所 を重視して行っていく方法は
ナチュラルで美しいラインになりやすいです。
さまざまな考え方があるので
必ずしもクセの通りにしないでも大丈夫ですし
しっかりと計画をたてる、それが大事ですね。
          


モニター募集もしています!
詳しくは↓をクリックしてください。 
モニターについて知りたい方はこちらをクリックして読んでみて下さい
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR