どんなラインを希望する人が多いのか?

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい



モニター募集をもうすぐ開始するわけですが
モニターになる条件としてどんなラインにしたいか?というのは問いません。


10年くらい前に比べると
幅の広いラインを求める方は多いです。
平行型の華やかな二重は人気も高く、そういったモニター写真に興味を持つ人はかなり多いです。


前のクリニックにいた時には
そういったラインの僕の施術したモニター写真を携帯の画面メモにいれて
「こういった感じで」、と見せてくる方はすごく多かったです。
そういった感じで
ある程度の広さの平行型のライン、というのは今一番人気なのかな、と思います。
(ただかなり広め、という人は1~2年前に比べると減ったかなという感じです。時代時代によっても微妙に違うのです。)




でも写真の反響はそういった広めのラインだけではなかったのです。

かなり控え目な奥二重だけを生み出す変化。
実はこういう希望の方もかなり多くの人数が来てくださっていたのです。


微細な変化。
ほんの少しだけ、化粧を変えたのかな?なんて思われるくらいのわずかなラインの変化。
こういったパターンも密かに人気は高い。



一重まぶたの人が非常に狭いラインの奥二重を形成して
ほんのり優しい目にする。
二重まぶたの人がちょっとだけラインを広げる。
かなりの人数の方がこういった要望で来られていたのです。
トータルでいうと上記の広めのラインより多い人数かなと。
根強い人気なわけです。



今回のモニター募集も、ほんの少しだけの変化を求める人も大歓迎です。
もちろん広めのラインの方も。(前述したように末広型→平行型の希望は多い!)
どんなタイプのラインでも、後の方のためには参考になると思うからです。
モニターの質問は
drmatsui@hotmail.co.jp 
までお送りください。
もうすぐ先行予約開始です。




あとは繰り返し書いている
手術が可能かどうか、という点がポイントですね。
自分の希望がどこにあるか?
そしてそれが可能なのか?
そこはカウンセリング時の診察とシミュレートで確かめていきましょう。




PS
拍手コメントへの返事です。

>なーさん
冷やすのも意味があると思いますが
やはり時間だと思います。
そこは様子を見ていくしかないです。
腫れがあまりに強い、食い込みが強い、といった場合は少し時間がかかります。



>さくらさん
切開、目頭切開は同時施術可能です。
あとは 全切開法を行う際には脂肪の処理も可能です。


>ゆうさん
どちらが先でも可能ですが
目頭切開を先に行うほうがラインをいろいろと計画しやすいかもしれません。


>吉○さん
ご無沙汰してます。ありがとうございます!
メールいたします。


>ゆこさん
もちろん同時に可能です。
目頭切開はその人の目にあわせて方法を考えますが
僕がメインで使うのはZ形成を応用した方法です。
カウンセリング時には図示していろいろ説明します。










関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR