FC2ブログ

シミュレートに使う機材 松井専用型

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい





機材の話のまたまた続き

カウンセリング時にシミュレートをする、というのは前に書いたとおり。
そこにも記したようにシミュレートは非常に大事です。


手術後どんなラインが生み出されるのか、を見るのが主の目的です。


そして
埋没法ではどんなラインが可能なのか?はたまた不可能なのか?
をシミュレートを通して診断していきます。



通常時のシミュレートの方法は
ブジーといわれる細い棒を使用します。



目を閉じてもらい
そこに棒状の機材をあてて
そのまま目を開いてもらい、二重を作る。


ヘアピン等でこういうことをやる人もいるし
いわばメザイクのときなんかともおなじような原理ではあります。
そして二重のラインを作ってみて
いろいろと確かめていきます。



そのとき用いるブジーという針金みたいな細い機材。
僕は既成のブジーがあまり好きではなくて
今までは既成のものの持つ部分だけを使用し、後は自分で作っていました。
ちょいとした工夫で作っており
何年か前には更に形状を変えて作り直しつい先日まで使用しておりました。



新しいクリニックになるにあたって
このシミュレートに使用する機材をどうしようか?
(自分で作成した部分があっても前のクリニックの備品なので)
と思っていたら...
なんと辞める、ということで退職祝いとして
贈ってもらってしまいました!


先端部分は今まで僕が使っていたものを元にして作られており
僕がつくったものよりかなり綺麗にできています。
そして持つ部分には
「Dr.MATSUI」のネーム入りです!こんなことができるとはびっくり。
すごく良くできている。
写真に撮って載せようかと思ったのですがネームの彫刻が細かくて写りにくい!
携帯カメラじゃだめだ~
CAAWF3QS.jpg
でもアップ
全然わからないですね、すみません!
新クリニックに見にきてください(笑)


作って贈ってくださって本当にありがとうございます!!
今後使用していきます。
これがないとはじまらないよ!



ということで
こういった機材にも
微妙なこだわりがいろいろとちりばめられているわけです。




PS
拍手コメントへの返事です。

>ゆうさん
楽しみにしてくださる、というお言葉
本当にありがたいです。
がんばります!!






関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR