FC2ブログ

カウンセリングの際のシミュレート

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい





カウンセリングの最大の利点はやはり面と向かっていること。


話もはやいし
絵に書いてその場で説明できる。


そしてなによりもシミュレートできること。


これはパソコンに写真をとりこんで
その画像をいじる、というのではなくて
実際にその方の目でどんな二重になるかを見る、というもの。


ブジーと呼ばれる細い棒をまぶたにあてて
二重まぶたを作り出して
鏡で自分自身の目を見て確かめます。



埋没法の場合であれば、すでにこれで完成型とほぼ同じものを見ることができるのです。
これは非常に重要。
切開法でも同様。



少しずつ幅を変えたりしながらシミュレートして
どんなことができて
どんなことができないのか
それを共に確認していく。



よく芸能人の写真や症例写真を持ってきて、こんな感じで、という患者様がいらっしゃいます。


カウンセリングするものによっては
「同じ目になることは無いのだから意味無い」という人もいるでしょう。
確かにそれはそのとおり。
同じになることは無いです。


でも、
その人が思い描いているラインの幅の感じや流れ方などを
そういった写真から共有できるので
僕は持ってきてもらうのが良いと思います。


そこに近づけるのにはどうしたらいいか?
そういったラインが難しい場合、どこまでなら、どういったものならできるか?
写真から考察して、こういった流れでシミュレートを繰り返し
手術を考えていくのがよいでしょう。



シミュレートを通して
受けるのがよいか
受けないのがよいか
それを決定していくということです。



僕は
しっかり考えた上で受けるのは問題ないし
しっかり考えた上で受けないのも問題ない
そう思っています。



カウンセリングで共に一生懸命考えてみましょう。






関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR