どんな人が腫れやすいのか?その1

ブログに質問リクエストがきました。
皆様も何か書いて欲しいこと、知りたいことがあれば
コメント欄をクリックしてコメントしてもらっても良いですし
メッセージでもよいので
いただければ、と思います。


質問は「どんな人が腫れやすいの?」というもの。

前に書いた力をいれている場合
手術する医者が乱暴な方法=腫れる手術方法で行ってしまっている場合
そういった本質的ではない要因が一番大きいです。
(特にこのブログで繰り返し言い続けている、腫れる方法、腫れる医師で受けること、ですね。)


では他にどういった特徴の人が腫れやすいのでしょうか。


ひとつには
目の上に脂肪が多い人(まぶたが重たい感じの人)はやや腫れやすい、といえます。
これは朝起きたときにまぶたがむくみやすい人、とも言えます。
こういったタイプの方は、あまり広いラインは選択できないので(出来ないことが多いのです)
無理の無い幅で慎重な施術を行うことで、腫れを少なくしていくしかないでしょう。


また、二重のラインの幅をかなり広くしたい人
手術終わってしばらくはどうしても腫れて感じやすいです。
どうしても広くしたいときはある程度我慢が必要、ということです。
ただ、極端に広いものでなければ問題はないでしょう。
やはり腫れを少なくするためにいろいろ手を尽くして対処、ですね。


他にもあと何パターンか 腫れやすいタイプ、という人はいます。
少しずつこのブログで紹介していこうと思います。
自分は腫れやすいのかな?どうなのかな?と
気になる場合は一度 診察にいらしてみてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR