2010年 ありがとうございました。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい



今日は大晦日
今年一年本当にありがとうございました。

さきほど最後の二重まぶた手術の方が終了しました。
2010年の締めです。


今年ブログをはじめてから
いろいろな患者様が来てくれたり
読んでいる方から励ましのメールをいただいたり
様々な出会いが増えたと思います。
それは非常に嬉しいことです!



「腫れない」は永遠においつくことの無い夢なのかもしれませんが
かなりの量の腫れを減らすことは可能。
どこまで「腫れない」にたどりつけるのか。
きっと工夫にも限りはないと思うので、とまらずにすすんで行こうと思います。



あとこだわりたいのは自然さ。
たとえ広いラインだとしても、美しく映えやすいものを。
狭いラインでは狭いラインで目に合った美しさをひきだすものを。



2011年は今以上にこだわって施術を行っていくために
いろいろと考えていきます。
ひとりひとりにかけられる時間をきちんと確保するために
改革も起こそうと計画しています。



2011年のアクションに注目してください!!
来年もまたブログにお付き合いくださいね。





PS
メールの返信が送れない方がいたので...
ここで返信。

>pnkではじまるメールの東京都の方。
下垂かどうか?は 目だけで見た場合はあんまり問題になるものはなさそうです。
ただ、下垂は目の写真だけでなく、やはり実際にみてみなくてはなんとも言えません。
(額にシワがよりやすい人はけっこう注意です。 )
いちど見せてもらうのが一番ですね。
診察の上で糸の数も決めていけばよいです。



あとはいつもの拍手コメントへの返事です。

>ooさん
見てみなくてはなんともいえません。
いらしてもらってラインを考えるのが一番です。


>まゆみさん
ご丁寧にありがとうございます。
不安なことがあればはやめはやめでおっしゃって下さいね!


>まっつーさん
体験談使わせてもらいました。
やはり生の声は反響がありますよ。
塗り薬が合わないかな?という場合はストップして大丈夫です。
様子をみていきましょう。



では2011年に続きます!!




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR