きちんと考えた上で受けるor受けない

少し休みを頂いていたのでなかなか更新できずにいてご心配おかけしました。




初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい





今日も多くの方がいらしてくださり、手術を受けたわけです。


ひとりひとり目、まぶたも違うし、希望も違う。
本当に違う。


その都度、戦略を変えていかなくてはならないと考えているので、大変は大変。ただしだからこそ面白い(面白いなんて言ったら不謹慎かもしれないけど)


今日 一番最初にカウンセリングを受けた方は、実際にシミュレートして色々なラインを試し、かつ話し合って手術を受けるかどうするかゆっくり考えてみることになりました。

カウンセリングの上で希望とばっちり合っていてその日に受ける方もいるし、この方の様に考えてから手術を予約する、または手術を受けないと決める、様々なパターンがあります。


僕がいつも思うのは
話し合って、考えてもらって
考えた上で受けるのはよいことだし
考えた上で受けない、と決めるのもよいことだと思います。


しっかりと考えることは大事。


だから僕はむりやり受けろ、というのは言いません。


医者が強引に無理強いして必要ないような手術まで受けさせられて…なんていうのは最悪じゃないかと。
僕はそういうのがめちゃくちゃ嫌いなんです。(美容外科向いてない?)




ただ、意見は述べます。
ヒントになるようなことは伝えるし
明らかにその人の希望を叶えられないときは断ります。


だから話し合うことは大事。
シミュレートも大事。


自分の希望と現実をミックスして、なにが可能なのかを見つけましょう。


正直 医師との相性というのもあるかもしれない。
とすると全く役に立てないケースもあるのかな、と思うと切ないです。
でもより多くの人に喜んでもらえるにはどうしたらよいか、考えながら頑張っていきたいです。



PS
拍手コメントへの返事です


>まいさん
勤務についてはクリニックに直接たずねてもらえると確実ですよ!

>のんさん
抜糸は小さな切れ込みのキズをメスでつけます。
切る、というほどではないです。
脂肪とり+二重手術と同時に行う場合は1週間から10日前後を考える必要があるかと思います。


>maさん
やはり糸取り後のシミュレートはきっちり時間をあけたほうが確実です。
目算もやはりあてになりにくい部分はあります。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR