FC2ブログ

「切れ長」を実現!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




目頭切開の例を見ていきます。
切れ長にする、という目頭切開の持つ能力を見てみましょう。


まずは手術前です。
手術前

1か月後です。
一か月後
すっぴんでこんな感じ。
まだちょっと手術跡の傷が色がありますね。
メイクでより目立たなくできるので、しばらくはその力に頼っていきましょう。
やや残る人がいるのも事実ですが
より時間が経つとずいぶん落ち着いてきます。


そして冒頭にも書いた切れ長にする能力。
大きな変化をくわえていないものの(それ故に不自然さは無いですね。)
2枚のお写真を見比べるとわかりますね。
同時に目と目の間の距離も近づいています。

かわいい系→美人系への変化とも言えるので
目頭切開を受ける・受けないはこのあたりの好みによって分かれてくることでしょう。
「あかぬける」という言い方をする人もいますね。
大人っぽい印象を加えるので、そういった言い方になってくるのでしょう。


腫れや内出血、さきほど書いた傷
などといった副作用の他には
目頭切開の持つそもそもの能力による印象の変化
ここが良いか、悪いかになってきます。
自分にとって有用な変化なのか否か。
この判断は重要です。

大きく変化させる、小さく変化させる、の調整は可能なので
カウンセリング時にシミュレートを通して
自分の目だとどういった形になっていくのかを実感してみてください。
そこから手術を実際に受けるかどうか判断していきましょう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR