FC2ブログ

切れ長の目を実現していく目頭切開

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開です。


さっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
左右の目に目頭切開を行い
より切れ長の目、尖った目頭を実現していきます。


手術から1か月後です。
一か月
まだ傷が完全に落ち着いているわけではないので
ちょっとだけまだいびつさがありますが
それは細かい視点でのはなし。
普通に見たときはメイクしていれば、この時点でほぼ問題はなしでしょう。
でも、さらに落ち着いていきます。

内出血や腫れ、といった副作用はわりとすぐ落ち着きますが
傷はゆっくりです。メイクで隠して様子を見ていきます。


形の話でいうと
目の形状を整えたことが上下の写真の比較で分かりやすいかと。
蒙古ひだで隠れた部分(白目の内側の方+赤い粘膜部分)を出す
自然にきれいに露出させることが目頭切開の持つ能力です。
それだけしか能力がない、といえばそれまで。
でも他には無い能力です。

この能力のおかげで目を横方向に大きくしたり
蒙古ひだを減らす、なくす といったことが可能なわけです。
シミュレートをしてみて
蒙古ひだを軽減させた形が自分が求める形、と言える場合には
十分に手術を受ける価値があります。
(逆に言えば 違う、と感じた場合には「受けない」選択肢を選ぶべき)


何度も書いてきていますが
度合いの調節をつけやすく
形を美しく出すため
僕はZ法を主体として行っています。
どの方法が良い、という問いには色々な意見があることでしょうが
生み出される形をこのブログやtwitterで見ていただいている方々の支持もいただき
これからもこの方法を極めていこう、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR