FC2ブログ

揃える埋没 ~ 目の幅・ラインの幅


こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法です。
ちょっとだけ開きの差を縮める工夫もしつつ行った例です。


では手術前から。
手術前
やや右目の方が開きが弱いかな、という目。
そのあたりも考慮しつつ、切らない眼瞼下垂の考え方をミックスした埋没法を行っていきます。
切るタイプの眼瞼下垂にくらべ、効果も弱いと言えば弱いですが
このくらいの差であればほんのり差が少なくなるので有効、と思います。


では埋没法直後です。
直後
もともとの目の重さもあるからか
同じように糸をつけても
やや右目の方が重くなっています。
それでちょっとだけラインが広く見えています。
落ち着いてくると、上記したように開きを整える方法を用いているのでかなり揃ってきます。
少し様子を見ていきましょう。


ということで1週間目。
一週間
左右差はけっこう少なくなったかな、と。
細かい目で見れば、左に比べ右の方がちょっとだけ開き少ないか、とも思いますが
ずいぶん細かい視点で言えば、というくらいではないでしょうか。

1枚目と比較するとわかりやすいですが
しっかりしたラインも生み出され
はっきりとした印象がプラスされています。

大きな差がある場合は
やはり切る手術に頼ることになってきます。
筋肉に力がほぼ無い場合だと更に大がかりになってきます。
こういった多少の例では切らずにどんなことができるか、を考えていくのは十分に有効だと言えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR