FC2ブログ

ヒダを無くしたが、初期にはややヒダが残って感じるケース

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開です。
ヒダを減らして目頭を整えた例です。
1か月後の状態で、目頭に少し縦線を感じるケースです。



上が手術前、下が1か月後です。
手術前

一カ月
ヒダがなくなっているのがわかりますが
すこし蒙古ヒダっぽく縦にしわを感じます。
実際にお会いすると、蒙古ヒダのような段差はあまりないので
さらに傷が落ち着き、傷の硬さがやわらいでくると滑らかな感じになり
(硬さに押されたような状態なので・・傷跡ではないのです)
かなり目立ちにくくなってきます。
もう少し時間の経過を待っていきましょう。


ただ、方法によってはややこれより強い縦線が残る場合があります。
蒙古ヒダのようにけっこう強い段差になっているケースでは、そのまま残ることがあるのです。
かえって蒙古ヒダが強くなってしまったように感じるパターンです。
そういったケースは
変化させた量と皮膚の移動量(もしくは余った皮膚を切り取る量)にアンバランスさがある場合が多いです。
相対的に皮膚が余ってしまった場合、とでも言えるでしょうか。
そういった点を考慮しつつ
そもそものデザインを計算したり
切開時に皮膚のトリミングをきちんと行ったりしていきます。

この縦線に関しては時間が経過しても残ってしまっている人から
相談を受けることがもわりと多いので
注意して考えていくのが必要です。
Z法でもこんな風に一時的には感じてしまうケースもあります。
ただ、目頭切開を行うと必ず出る、と考えている人もいるようですが
それは間違いと言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR