FC2ブログ

広めのラインを実現

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法の例です。
わりと広めのラインの例です。
お写真で経過を追いましょう。


まずは手術前です。
手術前
右はアイプチの跡がけっこう残っていて
左はあまり残っていない状態で目を開くとラインとしては存在していません。
そういったクセをそのまま生かしてラインを生み出していきます。



埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
手術直後ですが大きな腫れはありません。
やや目が重くなっているかな、というところ。
その点とちょっとした腫れで少しだけ広く見えています。




最後は1週間目。
一週
やや内出血があり
ちょっと腫れが引くのが遅い感じかもしれません。
でもたとえば右目もやや広く出ていますが1枚目と比較してもそこまで違いは大きくないし
左目のなんとなくむくんだ感じも目立つものではないです。
更に馴染んでいくのを様子を見ていきましょう。

内出血は多少多く出る人もいるので
メイクでうまく隠していけばかなり見えにくくなるし
更に1週ほどでほぼ消えます。
堂々としているのが一番わかりにくいですね。


もともとのラインがあると
広いラインが生み出されたときに
三重まぶたとしてどうしても存在してしまいます。
今回のお写真でもわかりますね。
これはどうしても残るものなので
本人がOKかどうか、で考えます。
三重が嫌な人はラインの広げ幅をおさえめにした方が目立ちにくいです。
気にしない人はそれはそれ。
メイクをしてしまえば大丈夫、なんていう人も多いです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR