FC2ブログ

蒙古ヒダを整える目頭切開 

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
少しだけの変化の例、それもかなりちょっとだけの変化です。


まずは手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
実際にお会いするとお写真でみるよりも
蒙古ヒダはやや張っている印象でした。
ただ、目頭の赤い粘膜部分は最初からけっこう見えています。
(でも実は隠れている部分も多いです)
大きな変化を求めず、ちょっと蒙古ヒダを整えたい、という希望で
両目に目頭切開を行っていきます。


1か月後のお写真を見てみましょう。
一カ月
目の形、という観点ではあまり変わっていません。
まさにほんのちょっと。
でも蒙古ヒダのヒダ部分、かさなりのところが無くなっています。
本人いわく、傷はわりとすぐ気にならなくなったとのこと。
変化が小さいので傷も小さかったとはいえ、治りがはやいです・・・ 
形にも満足していただけました。

今回は傷が目立たなく落ち着きましたが
やはりリスクはあります。
手術を受けない、という選択肢もあり、です。
その小さな変化に意味があるかどうか?は本人次第。
意味がある、とはっきり言えるならば
手術は価値のあるものになります。
しっかりと考えて手術に臨むことは非常に重要ですね。
この患者様も考えに考えて、こういった結果を勝ち取りました。
しっかり考えたうえで受けない、もあり。
しっかり考えたうえで受けるもありです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR