FC2ブログ

離れ目への施術 

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開の症例です。

蒙古ヒダによる皮膚のつっぱった部分により
隠されている目の鼻寄りの部分
そこを出していくのが目頭切開の効力です。

そうすると目と目の間の距離も近づいていきます。
隠れている部分が大きい人ほど
目頭切開で変化させることが可能な範囲も大きい、ということです。


今回のお写真を見てみましょう。
手術前
蒙古ヒダが見受けられ、隠れている白目部分はけっこう大きいです。
目頭切開を行い、横方向に目を拡大していきます。


施術から1か月目です。
一ケ月
まつ毛が変わった、という以外にも
しっかりと目頭の変化を見てみましょう。
形の変化がきちんと出ていることがわかりますね。
目と目の間の距離が近づいているのもわかります。

もっと大きく変化させることも可能で
まだ余地は残っているのですが
やりすぎ感も無く
自然でバランス良い目頭が生み出されていますね。

もちろん目の近い人にとっては
かえってバランスに支障をきたす施術になってしまうかもしれません。
でも目の離れた人にとっては
良い効果をもたらすことも十分可能なので
目を近づけたい、と思っている人にとっては
強い力になるのが目頭切開と言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR