FC2ブログ

たるみに対抗したケース  たるみとり、とはまた違う埋没法を用いた例

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回はちょっと趣向の違う感じ・・
埋没法ですが、たるみをわかりにくくした例です。

どうしても皮膚はのびてきます。
たるんでいく、という現象。
二重まぶたの人の場合、目尻側・耳側の皮膚が下がってきて
一重の人に比べてちょっとわかりやすいです。

お写真で見てみましょう。
手術前
左目の目尻側のたるみを気にされています。
目頭~中央部くらいまで見えている二重ラインに合うように
目尻側に糸をつけて
たるみをわかりにくくして見ましょう。


左目・埋没法直後です。
直後
けっこうわかりやすいですね。
たるんでなかったらこんな感じかな?という風にデザインして手術を行い
こういった風に結果がでています。
たるんでない感がうまく生み出されましたね。


1週間目もチェック。
1週間
直後あまり腫れが出なかったので
そんなに変わりはないです。

こういった耳側のラインの下がり
皮膚のたるみによる変化が気になる、という人は多いです。
たるみの量や目の上のくぼみの強弱によっては
埋没法が難しい、有効でないケースもありますが
写真のようにうまく効果を出していくことも可能です。

カウンセリング時に診察の上で
埋没法手術が可能かどうかを判断していきます。
なかなか切る、という行為には踏み切れない人も多いので
この手法もあり、ではないかなと。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR