FC2ブログ

蒙古ヒダがなければどんな目になる?

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開の例を見ていきます。
「蒙古ヒダ」という言葉は目頭切開に興味がある人ならば聞いたことはあるはず。
この蒙古ヒダの影響を軽減させる、もしくはなくす、というのが目頭切開です。
影響をなくしていくと、突っ張っていた皮膚で隠れていた白目部分・赤い粘膜部分が顔を出してきます。

蒙古ヒダ
稚拙な絵ですがお許しを。
緑の矢印で示したのが「蒙古ヒダ」
目頭切開で、隠れている部分を出していき
本来の目の輪郭(赤い線ですね)に近づけていくわけです。


1枚目の術前のお写真を見てみます。
前
蒙古ヒダの存在がわかりますね。
上の絵のような感じです。
目頭切開を行うと・・

一ケ月
手術から1か月目。
蒙古ヒダがなくなり、隠れている部分が出てきました。
隠れた部分を完全に露出させるほど変化させてはいないですが
それでも1枚目のお写真とは結構目頭の形が違っているのがわかります。

横方向に目が長くなり
シャープさも増して
より美人系の印象を増している。
こういった変化に憧れる!という人は多いと思います。
目頭切開の効力がよくわかりますね。


もちろん蒙古ヒダの強さも人それぞれ
隠れている部分の面積も人それぞれではありますが
目頭切開の能力をうまく使ってあげて
蒙古ヒダの影響を軽減させることは可能です。
(全然隠れてる部分が無い人は変化させられないですが)
おおよそどんな形になるのか?は事前にシミュレートで確かめることができるので
カウンセリングを通して目頭切開後の目の感じを掴み取って
手術を受ける受けないを考えていきましょう!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR