蒙古ヒダをなくすことで満足感の高い手術

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
お写真さっそく見ていきましょう。



まずは手術前です。
術前
蒙古ヒダがけっこう強く張っています。
ただ、目頭側の粘膜部分はけっこう見えている、というタイプの目です。
左の方がやや多く隠れているかな、という感じ。
蒙古ヒダを無くすべく、目頭切開を両方の目に行っていきます。


手術から1か月後です。
一ケ月
ぱっと見では変化わかりづらいかな、という感じですが
実際は結構変化が見られ、満足度も高かったです。
蒙古ヒダがあることで立体感があり
化粧がしづらかったり等で気になっていた部分が解消されているからです。

すっぴんだとまだやや傷がわかる感じで
そこが正面像だとなんとなくヒダがあるかのように見えていますが
実際は立体感が変わっており
特に本人としてはかなり違うわけです。
自己満足というだけでなく、そこには確かな変化があります。

でも、どんなに良い変化があっても
本人の満足につながらなくては意味がないのも事実。
そこに至るためには
こちら側も「患者様が何を求めているのか」を探っていかなくてはいけません。
話し合うことで共にヴィジョンを確立し
それが可能かどうか?を選別したうえで手術を決定していく。
あとは目標を実現するための慎重な計画と技術です。
「目頭切開でできること」というのは実はかなり限られたものです。
その枠の中でどう変化させれば「求めているもの」になれるのか。近づくことができるのか。
追い求めていかなくてはいけない部分です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR