目を大きくする目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開。
目頭切開の効能、横方向への目の拡大がはっきりとわかりやすい例です。


まずは手術前から見ていきます。
手術前
蒙古ヒダが見受けられますが
やや目頭側の粘膜部分には差があります。
これは蒙古ヒダのつっぱりの差というよりは
もともとの粘膜部分の面積の差かな、と感じます。

その点はさておき
目頭切開を左右の目に行い
隠れている目の部分(白目部分、赤い粘膜部分)の出ている面積を広げていきます。

当ブログでよく、目頭切開の程度は調節できる、と書いていますが
けっこうしっかり目の変化を実現すべくデザインし
実際に施術を行っていきました。



手術から1か月目の画像です。
一か月
蒙古ヒダがなくなり、目の横方向への拡大が明らかですね。
メイクの効果ももちろんありますが
目が大きくなった、というのは強く伝わってきます。

しっかりした変化を実現する、と上記した通り
上下のお写真を比較して、わかりやすいですね。

僕のブログで症例写真をどんどん見ていくと
ほんのちょっとの変化の人もいるし
大きめの変化の人もいることに気付くと思います。
その調節はニーズしだい。
どんな変化を起こすことができるのか?は
カウンセリング時に確かめていきます。
ここまでの変化が可能だ、という限界も示すことができ
元々の目の形(0%)から
変化の限界の目の形(100%)まで
この0~100%の間のどこか、という変化をつけることが出来るのが目頭切開と言えます。
どのくらいの変化が良いのか、をしっかりと検討していくことが重要ですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR