FC2ブログ

目頭切開 時間の経った状態はどんな感じ? 半年後編

ドクター松井クリニック 松井です。


目頭切開の長期経過シリーズです。
今回は半年後のお写真を撮らせていただきました!


では時間を追ってお写真を並べていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前


目頭切開終了直後です。
直後
糸がついているのがわかりますね。
ちょっと目が開きにくい感じになっています。
麻酔の影響だったり、手術での疲労だったりですが、これはすぐに治ってきます。



抜糸をしました。(5日後)
抜糸時
ちょっと赤みはありますが
この患者様の場合、内出血はほとんど見られません。
もっと出る方も当然いらっしゃいますが1週、2週でどんどん消えていきます。


2か月経過時点
二か月


最後は半年経過時点。
すっぴんの状態でお写真を撮らせていただいています。
半年
お会いしても、手術跡はほとんどわからず
気になる、ということはないと思います。
ご本人からもOKいただきました!
非常にいい感じですね。


目頭切開に興味ある人であればお分かり頂けると思いますが
大きな変化ではないものの
蒙古ヒダを取り去るという
目頭切開の効能が見て取れる例と言えます。


他にも 目頭切開で長い時間経過した例を記事にしています。
目頭切開の症例、長期的な結果を追った例はこちらをクリック
ご興味ある方はぜひチェックして参考にしてみてください。


短期的経過(1か月まで)の記事もたくさん書いています。
こちらはかなり数があります。
目頭切開の症例写真集はこちらをクリック
こちらも是非。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR