目頭切開、アップの写真で見てみよう

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は目頭切開のお写真を。
ここのところ・・目頭切開の問い合わせや質問etc多数ありがとうございます。
このブログも意外とひろく見られているんだなあ、とちょっと嬉しくなります。
受ける、と決めるにせよ 
受けない、と決めるにせよ
このブログや相談メールが何らかの役に立った、というなら幸いです!
メールは drmatsui@hotmail.co.jp こちらです。


ということで今回は・・ちょっといつもと違う雰囲気で。
アップで多数撮った症例あったので
どアップで経過を見て、変化のほどや傷の具合を見てみましょう!


まずは右
手術前
右前
    ↓      こう見るとヒダはけっこう強いですね。
直後
右後
    ↓
抜糸時
右
ちょっと抜糸したばっかりで傷がヒダのように見えるかも、ですが
蒙古ヒダを無くした、という様子がわかりますか?
そのあたりは左の方が写り的にわかりやすいかな、と。

左 
左前
    ↓     
手術直後
左後
    ↓
抜糸時
左
という感じに、むちゃくちゃ大きな変化というのではないですが
ヒダの部分をずいぶん解消しているわけです。
もともと手術前から目頭側の赤い粘膜部分はわりと見えているのですが
ヒダ自体はけっこうあるので、こういった変化をつけることが目頭切開で可能となりました。

もともと赤い部分がものすごく隠れている人は
変化を大きくつけやすくなります。
そして変化を少なく、という手術もできるので
そこはどこまで変化させるか、ではあります。


こういった風に
「ヒダが無い方が良いから目頭切開を受けたい」的な希望の人は
過去に比べ、少しずつ増えてきた感じがします。
同じような思いの人には参考になる記事かと思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR