細かすぎる? いえいえ、幅は広くなくともしっかりと確かな変化

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回は埋没法です。
タイトルにもある通り、細かな変化。
僕がたびたびこのブログの中でも記している
細かながらも、有意義な変化の例です。

派手なラインがでてくるわけでもなく
大きく変化するわけでもない。
でもご本人にとって、ものすごく有意義な変化で喜んでいただきました。




まずは手術前の目からチェックしていきましょう。
手術前
一重まぶたの目です。
両目ともにラインを埋没法を用いて生み出していきましょう。

広すぎないライン、むしろ狭いライン希望ということで
慎重に奥二重の幅で二重ラインのデザインを行いました。
デザインに沿って、埋没法を施行していきます。



手術終了直後のお写真です。
直後
大きな腫れは見受けられません。
やや右目が開きづらくなっているのかな、と思います。
ちょっと変化を感じにくい。
でもこのくらいであれば、すぐに落ち着いてきます。



ということで1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
落ち着いた状態。
1枚目のお写真と比べると
ラインが生み出された効果が細かなものながら
確かな変化である、というのがわかります。
目が丸みを帯び、開きが良く感じる。
一重まぶたから二重瞼の変化の特徴通り。
印象を穏やかなものにする、というか。



いつも書いていますが
こういった細かな変化を望む人も本当に多数いらっしゃいます。
埋没法etc、美容整形を行うと大きく変化するのではないか、と恐れている人たちにとって
今回の記事や同じような細かな変化の症例について記した記事が
すこしでも不安を和らげる、よいきっかけになるのであれば
本当に幸いだ、と思います。



二重幅の広さ、狭さは
その人の目に合っているか
その人の趣向に合うかどうか
などなどによって変わってくるもので
絶対の基準というものがあるわけでもありません。
かなり広いラインを希望する場合には
可能な範囲であれば特殊な糸のつけ方で対応する、等工夫を凝らしたりしていきます。
狭いラインも限界はあるにはありますが
出来る範囲ではリクエストにこたえていければ、と思っています。
ただ診察の上での判断で
これは手術をしてもラインがきちんとでない
すぐに崩れてしまう等の予想がたつ場合には
きちんと伝えていきますので
その上でいろいろと方向性を新たに探っていくこととなります。


どんなかたちにせよ、良い着地点を見出すことが出来るよう
共に考えていくことが必要だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR