「離れ目」に目頭切開  ~ 目と目の間の距離を近づける施術

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






目と目の間が離れている、もっと近づけたい!
そういった思いで目頭切開を考える人も多いはず。
今日の症例写真は、参考になるものと思います。


どんな感じになるかわからない、という声も多いので
(質問メールもあったので)
わかりやすい例をピックアップしました。


さっそく見ていきましょう。
まずは手術前です。
術前
目と目の間を近づけたい、という要望でご来院されました。
蒙古ヒダのつっぱりも結構強いので、目が離れて感じやすいというのもあります。
目頭切開を左右の目に対して行っていきましょう。



手術から1か月目です。
一か月
コンタクトで黒目が大きく見えているにもかかわらず
それでもなお白目が大きくなっている。
目頭側の白目部分の面積はかなり増大しているのがわかりますね。

もともと蒙古ヒダのつっぱりにより隠れている部分がけっこうあったので
もっと変化させることも可能ですが
無理なく自然に、良い感じの変化が生まれたのではないでしょうか。
印象としてはずいぶん近づいて感じます。
(実際に会う方が変化はわかりやすく、なおかつ自然です)


ただ傷はまだ治癒途中、といったところ。
時間が経つにつれ、どんどん落ち着いていきますが
この段階ではメイクでうまく隠していくのがよいでしょう。
3か月後、半年後、綺麗に落ち着いていくのが楽しみですね。



目と目の間を近づける、という目標が良い形で達成されました。
こんな変化であれば、わざとらしさも無く
いわゆる、「いかにも目頭切開やりました感」も無い、と言えるのではないでしょうか。
先ほども書きましたが、まだ変化の余地はあるので
どこまで大きく変化させるか、は本人次第。
「目頭切開感」が強いところまで望む方もいらっしゃいますし
後は検討の上でしょう。
今回のような変化は本当に綺麗だな、と僕は思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR