広くはなくとも素敵なラインを!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法。
控え目ながらも目を映えさせる良いラインの例と思います。

まずは手術前から。
手術前
一重まぶたの目です。
この目にラインを生み出すべく、埋没法を両目に行っていきます。


埋没法直後です。
直後
一時的にやや広めにラインが出ています。
手術の腫れは直後、もしくは翌日くらいがピークのことが多いです。
こんな風に大きい腫れの出ない状態であれば
いずれにせよすぐに落ち着いてきます。
ちょっと強調されて平行ラインで出ていますね。


1週間後のお写真で見てみましょう。
一週間
落ち着きましたね。
こんな感じの派手すぎない広さの末広型ライン。

正直埋没法を、手術を受けると広くなってしまう、ものすごいことになってしまうのでは、と
おそれを感じている人というのはまだまだいることと思います。
でも、怖がりすぎることはありません。
狭いラインを求めてデザインを行えば、それに応じた控え目のラインを生み出すことが出来る。
もちろん可能な範囲で広いものを求めるならば、それに応じたラインを生み出すことも出来る。
個人の希望と、実際に可能なことを照らし合わせながら
慎重に考えていけば、問題はありません。

今回のお写真のようなラインを求める人もきっと多いはず。
派手ではないけれど、目を大きくきれいに映えさせてます。
自分も是非、と思う場合はまずはカウンセリングを受け話を聞き、シミュレートしてみることです。
希望がかなうものなのか?
現実と理想にギャップはあるものなのか?
まずは冷静にそこを見ていきます。
どんな事なら可能かを示すことができるので
自分にとって納得がいくものがシミュレートで可能なのであれば
勇気をもって手術に挑むことは十分にあり、です。
そういった道を共に探っていきましょう!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR