埋没法 行ったのかどうかわからないくらい自然なお写真

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法のお写真を見ていきます。
手術直後にもかかわらず、問題が少ない例。
むしろ変化も良く見ないとわかりづらい例かな、と思います。
でもきちんとチェックすると良い変化が生み出されているのがおわかりいただけると思います。


そういった点、ビフォー&アフターで比較して見てみましょう。
上が手術前、下が手術直後です。

手術前

直後
右はそのままのラインで、左は合わせるべくやや広げています。
左に注目すると、二重幅がきちんと広がり揃ったのがわかります。
とはいってもアフターのお写真を見ても、手術したのかどうか、わかりにくいかもしれません。

ということで手術を行った証拠?
閉眼
手術直後の目を閉じたときのお写真です。
赤い点々の他に、すこしだけ青みがある部分もありますが
メイクをするようになれば、ほぼほぼ隠せる感じかと思います。
もう少し多く内出血したり、もしくは少し時間が経つと強くなる人もいるのですが
腫れよりは隠せるもの、と考えています。

手術直後でもこのくらい自然であれば本当に言うこと無し、といったところです。
もっと目が重くなったり、腫れが出たりという人ももちろん多いわけですが
手術の腫れを減らす工夫は、多少問題が出たとしても
それがひいていくのも早いです。

自然にできやすいラインに行う方がやはり腫れ等の副作用が少なくなりがちです。
今回のケースは両目ともに非常に腫れは少ないですが
細かく言えば左の方がやや腫れが出ている、というように
やはりクセづきやすいところに行うのが有利は有利です。
とはいってもなかなかクセづかないところにラインが欲しい人もいるわけですし
いろいろなパターンはあります。
そのパターンごとに、出来る限り腫れを少なくできるよう
工夫して施術を行っていくしかない、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR