目頭切開症例 前回の続き

ドクター松井クリニック 松井です。


前回の症例の続きです。
今回の患者様、内出血がやや多めにでていたので
直後、抜糸時のお写真もチェックしてみましょう。


手術直後
直後
ぼんやりと青いのと、ややはっきり内出血が出ているところがわかります。
左>右な感じで内出血しています。


抜糸時(5日目)
抜糸時
ぼんやりしているところは黄色っぽく
紫にはっきりしていたところは赤っぽく変化していますね。
この日に抜糸で、翌日からメイクはできるので
うまく隠してみてどうか、というところです。
そうこうしているうちに日を追ってだんだん消えていきます。


最後1か月目。
一か月
一か月まで待たなくとも、2週くらいで内出血は落ち着きます。
もっと多く出ていてもそのくらいです。

切る手術とはいえ、目頭切開は内出血が多くは出すぎない施術です。
ただ一応はこのくらいの内出血ぐらいならあり得る範囲だ、とは言えるので
「わりと多く出た例」、参考にしていただければ、と思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR