目の横幅を変え、左右の目を近づける。

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開のお写真です。

左右の目を近づける、目と目の間の距離を狭くする
そういった目頭切開の効能がわかりやすい例ではないかなと思います。

経過を追って見てみます。
まずは手術前のお写真。
手術前
このお写真だけだとわかりづらいですが
蒙古ヒダの影響で隠れている部分が結構多めな目です。
ヒダを解消するべく、目頭切開を両目に行います。


手術直後です。
直後
微妙な腫れもあって、少し引っ張られている感じで
ちょっと過剰に見えています。
でも変化の方向性は明らかですね。

続けてみてみます。
抜糸時(5日目)です。
抜糸時
目が横方向に拡大されているのがはっきりとわかります。
目と目の間も近づいていますね。

最後は1か月目。
一ヵ月
手術跡はまだすっぴんだとこんな感じ。
だんだんと傷が落ち着いていくので様子を見ていきます。
まだ、わかる、と言えばわかりますね。
メイクしだいでほとんど隠せる感じです。

目頭の形自体はさっきの抜糸時の写真とほぼほぼ同じ。
この感じでより傷が落ち着いていきます。
ということで、先ほども記しましたが目の横方向への拡大と目と目の間が近づいた、という変化。
1枚目のお写真と比較すると
大人っぽい印象がプラスされた、と言えます。
どちらかというと大人っぽい方向、美人系の方向への変化
それが目頭切開の効能です。

1枚目と4枚目、比較して
どちらが良い、というのは一概には言えないですが
好みによって分かれてきて
どちらがダメ、というのは無いです。
なので目頭切開を受けようかどうか考えている、という人は
いろいろな症例写真を見たり
更にはカウンセリング時に自分の目でシミュレートしてみて
自分の目で可能な変化が好みかかどうかを確かめていきましょう。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR