ずっと前に受けられた患者様がご来院されました

ドクター松井クリニック 松井です。
先日、10年近く前に僕の施術(埋没法)を受けられた患者様がいらっしゃいました。
片目が時々薄くなる、ということで補強の手術を受けていかれました。

状況によって、ですが薄くなることもあるというのですが
しっかりしたラインのときも多い、とのことで
僕が見たときもしっかりしていました。

補強については
やるべき、やらないべき、はわかれるかと思いますが
(戻ってからやるべき、だとか 糸を増やさない方がよい、だとか)
糸を追加して補強し、その上で非常に腫れも少なかったため
(ほとんど腫れませんでした!)
とても喜んでもらえました。

ラインが消えてしまう頻度が高くなった場合は
糸を追加して補強する方が持ちが良くなる感はあるので
十分にあり、な手術かと。
ただ、何度も・・となると良くはないと思います。
切開法に移行していく、ラインを違うものにするなど
対策を考えていかなくてはなりません。

「どのくらい埋没法のラインはもつのか?」
という質問は解答が非常に難しい質問です。
でも、合ってない、無理なラインにチャレンジしてみて
2~3か月くらいで元に戻る(「とれる」という表現を使う人が多いですね)場合は
そのラインは向いていない、あきらめるべきラインだと僕は考えます。
今回の患者様は9年以上経過したうえで
消えてしまいもせず、片方が時々薄くなるものの
その点を抜かせばほぼほぼラインが維持されています。
良いですね。
薄くなってくる、というのも無ければ一番だったのですが。
埋没法なんてすぐ戻る、と思っている人もいるかもしれませんが
それは嘘だ、ってはっきり言えますね。



僕は無理に糸の数を多くしても無意味、と思っています。
戻ってしまいやすいラインであれば糸の本数を増やしたところで戻る、と。
切開法にその点は勝てないというのが僕の意見だし
そう思っている人は多いはず。
埋没法で行う場合は、ラインの選択というものが大事になってきます。
成りやすいライン
クセのついているライン
シミュレートの際に維持されやすいライン・・
そういったラインを丹念に再現してあげるのが、戻りにくいコツといえます。
もちろんなりたくないライン幅になってもしょうがない、というのも確かなので
希望と現実をミックスして考えながらラインを決めていくしかありません。

狭いから合っている、とも限りません。
広い方が戻りにくいケースもたくさんあるし
狭いラインしかできないケースもあります。
そこはしっかりと目を観察しながら状況を把握し
患者様に情報として伝えるのがこちらの役目だと思っています。

チャレンジする人にも可能ななかでは付き合う、ということもあるし
場面、場面で色々ですね。
チャレンジの場合には糸のつけ方(特に裏側の糸の付く位置や通り方)を工夫していったり
その人その人の目に合わせて考えています。
いろんなパターンがありますね。

老化してしまうと様々な意味でラインは変化していくのは確実ですが
今回補強した患者様が、ずっと先のそういった変化まで
ふたえラインを維持して、継続して満足していただければ何より一番だな、と思います!
そしてたくさんの人たちのラインも長く維持されるなら何よりだ、とさらに思います。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR