埋没法後の冷やし方 前回の続きあれこれ

ドクター松井クリニック 松井です。

前回はちょっと細かく冷やし方の話を書きました。
前回を読んでいない人はまずそちらを読んでみてください。
前回の記事はこちらをクリックして読んで下さい。


今回はとにかくちゃんと冷やしたい人のための裏ワザ的なお話。
正直僕は埋没法は無理に冷やさなくてもそう変わらないケースも多い、というのが僕のスタンス。
でもやっぱり心配なのでとにかく冷やしたい、という人はいます。

こちらからすると冷やす、という大義名分のもとで
あまりいじりまわしてもらうのは困る・・・というところ。
創部(糸を通した部分)に触れたくない、は前回記した通り。

なのでずらした位置で冷やす、というのが簡単ではあるのですが
やっぱり創部を冷やすことが出来ればそれに越したことはないのも確か。
冷却としてはそちらの方がよいです。
より冷やしの効果が欲しい人に・・

ちょっとコストがつきますが
ワザとしては
貼る眼帯、というものを使うという手があります。


普通の眼帯ではダメ?
ダメです。
貼る眼帯は滅菌、という処理がなされていて
雑菌がいない状況をキープした状態で販売されています。
それをうまく使えばよいわけです!

絆創膏のように貼るのですが
その際に糸を通したまぶたに触れる部分に触らないように注意します。
(雑菌がついちゃうからですね!)
で、うまく貼ってあげればよい。
で、その上からアイスノンなりなんなりで冷やしてあげれば
創部自体をかなりしっかり冷やせるので
冷却効果としてはかなり良、です。

両目いっぺんに貼ってうまく冷やせるならそれでもよいし
片目ずつある程度の時間冷やす、というのもあり。

ただ、一回使ったものは再度の使用は止めるべきです。
初日(手術を受けた日)はそんな感じで
翌日はまずふつうに考えれば大丈夫かとは思うのですが
やはり触れないに越したことはないので
翌日もその方針でできるほうが安全です。
(その次の日はもう直接触れて全く問題なしでしょう)
なので貼る眼帯を何枚も使うとちょっとコストがかかるかな、と。
(あとなかなか売ってないときもあります、でもひょっこり売ってたり。アマゾンはやはり便利ですね!)
でもとにかくきちんと安全に冷やしたい!という人には非常に有効。
腫れに対する効果は正直ものすごいものではないかもしれないにせよ
確かに有効、有利だし
何より精神安定剤になりますからね。
不安な人はこんな方法、参考にしてみてはいかがでしょうか。


PS
ちょっと大げさな感じの話ではありましたが
ほんとはこのぐらいできるほうがそりゃいいです。
まあ、無理にはしなくても!







関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR