はっきりしないラインの目→華やかな印象の目に。埋没法+目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法と目頭切開を組み合わせて
目の印象をはっきりと華やかなものにした例です。


まずは手術前からです。
術前
わりと目の上のくぼみが強く
ラインがなかなか定まらなかったり
薄くなってしまったり、という目。

くぼみが出てくると
今まではっきりしていたラインが薄くなったり
もっと上の方にラインが自然に新しく出てきたり
いろいろと変化が生じてくることがあります。

今回はある程度広めの位置でデザインを行い
しっかりしたラインが生み出されるよう左右に埋没法を行っていきます。。

あとは同時に目頭切開も行い
蒙古ヒダの部分を整えていく計画です。
2つの施術が組み合わさることによって
どんな効果がもたらされるのかを見ていきましょう。


手術から1か月目のお写真です。
一か月
左右共に広めのラインが生み出され
そのラインがくっきりしたものであるので
目も大きく見えています。

目頭切開を行ったことで
より横方向に大きく
全体としてアーモンド形の目のシェイプとなり
広めのラインともマッチしているのではないかなと思います。
切開した傷もこの時点でもあまり目立たず
今後さらに落ち着いていきます。

2つの手術が組み合わさって
目をはっきり大きなものに生まれ変わらせ
華やかさを良い感じにプラスできたのではないでしょうか。


くぼみのある目に対しては
埋没法でできること、というのがけっこう限定される場合があります。
目の裏側からのアプローチで
糸のつく部分をいろいろと工夫することによって
その「埋没法でできること」をより確かなものにしていくことが可能です。
ぱっと見ではわからない工夫が凝らされているわけです。
どういった戦略で行っていくか、はなかなか難しいもので
経験、テクニック、洞察力、観察力・・・
様々なものが要求されます。
やりがいの大きな仕事なので、さらに上を目指し、頑張っていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR