くっきり末広への切開

ドクター松井クリニック 松井です。

前回に引き続き全切開法のお写真です。
前回は広め平行、という感じの切開法例だったので
今回はまたちょっと違ったタイプ。
末広ではっきりしたラインの例です。

まずは手術前から見てみます。
手術前
細めのラインが左右ともに見受けられます。
もっと主張するラインを、ということで
両目に対して全切開法を行っていきます。


手術から1か月後です。
一か月
目を大きく映えさせるラインがくっきりと生み出されています。
ラインが生み出された、という違い以外には
1か月目のお写真が笑っているものばかりでやや目が細く見えています(笑)
1か月、という期間は回復途中といえば途中なのですが
現時点でかなりの落ち着きを見せ
喜んでいただけている、というのは非常に良い感じです。

切開法、というのはご想像の通り
ダウンタイムの壁、というものが立ちはだかってきます。
運良くものすごく腫れが少なかった人の体験談だけをあてにして、というのではなかなか厳しい。
やはり大変な時期は埋没法とは比較にならない長さではあります。
ただ、腫れの大きさ自体を減らすように手術上工夫し
あとは冷却方法などを指導することで
少しでも少なく、少しでも速く
そういけるように今後も検討、研鑽していこうと考えます。
「埋没法にはないメリット」を十分に生かせるように。


簡便性が高いという埋没法のメリットも
非常に大きなもの、と言えるので
どういった施術を受けるのがよいのか
自分のライフスタイルにあうのか
いろいろな角度から検討してみてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR