切開による二重術 

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は切開法の症例写真を。見ていきましょう。
広めの二重ラインを生み出した例です。

上が手術前
下が1か月後です。

術前

一か月

もともと目の開きが悪くはないですが
多少目を大きく見せることが出来るよう
眼瞼下垂手術と同様の操作で内部を調整しています。
広いラインになると眠そうに見えてしまうケースもあるので
微妙な調整ではありますが手を加えて
より目を映えさせるように、という手法です。

1か月、という期間はまだ完全な状態ではないにせよ
すでにほぼほぼ落ち着いていて
あとはメイク等で様子を見ていけば良いかとおもいます。
もう少しラインから↓の部分が
落ち着いてくる、というところでしょうか。
(ちょっと張ってみえる感じでしょうか。)
ゆっくりと少しずつ変化をしていくのを待ちながらいかねばなりません。
完成、ともなるとけっこう先の話です。

ただ、もっと狭いラインを選択する人も場合は
よりはやく落ち着く、というか 
よりはやく落ち着いて見える、と表現するのが正しいかな、というように
細部の腫れが目立ちにくいです。
今回はけっこう広いラインのケースですが
参考になる人も多いかと思います。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR