埋没法と目頭切開を組み合わせることでの変化を見てみよう

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開と埋没法を組み合わせた例。
縦方向にも横方向にも目を大きく見せる、といったイメージ。
そこをお写真を通して感じ取ってみてください。


ではビフォー・アフターで比較してみましょう。
上が手術前、下が1か月後です。

手術前

一ヵ月

蒙古ヒダはわりと見受けられるものの、赤い粘膜部分はわりともともと出ていました。
アフターの写真を見ると、より横方向に目が拡大され、ヒダも解消されています。
大きな変化はなくとも、こういった感じです。
左の方が目頭側の赤い部分が隠れている面積が多かったので、変化度は左の方が大きい。
その上で左右をそろえた、というところ。
横方向への目の拡大、ということで目と目の間が近づいています。
微妙なところですが意外と大きな部分です。
まだ傷はなんとなく赤いのがこのお写真でもわかります。
時間をかけてだんだんと落ち着いていくので、そこは様子を見ていきます。
メイクをうまく行うことで、もっとずっと目立たなくすることは可能でしょうね。

さらに埋没法による恩恵。
縦方向の変化、埋没法によるラインの拡大
上下のお写真を比較しても、そこが一番目につくところであり
目を大きく映えさせている部分と言えるのは明らかです。

そういった埋没法でのラインの変化がまずあったうえで
更なる目の拡大を横方向にもたらす目頭切開。
両者が組み合わさった効力がいい感じに発揮されています。

手術を組み合わせるべきなのか
さらにその手術をどのくらいの度合いまで行うのか。
そういった点についてヴィジョンを探って明確にしていく。
カウンセリングはその問いと考察の場です。
いろいろな方向性を含め、検討していきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR