幅の見えないラインから、くっきりと明らかなラインへ。

ドクター松井クリニック 松井です。
もう11月もだいぶ終わりに近づいてきました。
12月は手術を受ける方も多くなる、いわばシーズン。
しっかりとした方法で
しっかりとした美しいラインを生み出す。
そういったお手伝いをできるならば幸いだと思います。

ということで今回のお写真を見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
コンタクトも力添えしてなかなか大きく見える目です。
末広的に幅もある二重ラインがもともとあります。
ただ、メイクやエクステがあると幅がさらに見えにくい。
もっと幅の広いラインを求めて来院されました。
左右の目に埋没法を行い、幅を広げていきましょう。


埋没法直後です。
直後
ちょっと充血していたり
なんとなく目が重そうなような
開きにくいのかどうか?
そういった感じはありますが
大きな腫れも無く、目を映えさせるラインが生み出されています。


1週間目のお写真も見てみましょう。
一週間
1枚目のお写真と比較して雰囲気が変わりましたね。
ものすごく広いわけではないのに
しっかりとした幅があり、目を大きく見せるライン。
こういったタイプの二重まぶたに憧れる人も多いのではないでしょうか。

もちろんそれぞれの目で
ラインの幅の向き、不向きはあります。
普段アイプチ、化粧等で作り出しているラインであれば
埋没法で十分に可能なケースが多いです。
腫れの少ない、繊細なラインを実現する埋没法のパワーで
そういった素敵なラインを生み出してみる、というのも
十分考慮に値するのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR