くぼみ目に対する埋没法、前回の続き

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


前回の続きです。あわせてお読みください。
くぼみがあってラインが不安定になったり
はっきりしたラインはなくなってしまったり
新しいラインが出てきたり。

くぼみ目が進行すると、対抗するのは難しくなるのですが
ある程度までは、工夫を凝らした埋没法でラインを生み出すことが可能です。

前回も掲載したお写真ですが
まずは手術前
手術前

埋没法直後です。
直後

ふつうに埋没法を行った場合でも
この直後のお写真のようにラインが出る場合もあるのですが
すぐにラインが消えてしまったり
そもそも手術してもラインが出なかったり
いろいろなパターンがあります。
アプローチを変えた埋没法で対処していきます。

ということで手術から1週間目のお写真です。
一週間
さっきの直後のお写真とあまり変わらない感じですが
よりナチュラルになっています。
更にくぼみが進行してくるとラインの維持はなかなか難しいのですが
まずはこういった形で様子を見ていきます。


目がくぼんできて
ラインが消えたり出てきたり等の上記したような変化に対して
埋没法のみで対抗するのはなかなか難しい場合もあるのですが
そこはケースバイケース。
今回前回の記事文・お写真を見て気になる場合
まずはカウンセリング時に目を診察し
状態を確認したうえで考えていくのが大事です。
可能なこと、可能でないことをきちんと識別して
手術を受けるべきか否かを考えていかなくてはいけません。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR