”手術終わってすぐ”ってまぶたはどんな感じ?

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目を閉じたときのお写真にフォーカスをあてて症例を見ていきましょう。

埋没法の患者様です。
まずは手術前。
手術前

埋没法が終了し直後です。
直後
まだ腫れはあるのでしょうけれども
この時点ですでに目は大きく見えていますね。
はっきりした印象になりました。

といったように
埋没法でラインが良い感じで生み出されたわけですが・・
目を閉じたときって
手術直後はどんなかんじなのだろう??
この疑問、不安を口にする方は多いわけです。
このブログでもちょいちょい写真は掲載していますが
今回も見てみましょう。

目を閉じたときのお写真です。
閉眼
手術直後でこんな感じ。

赤いぽつぽつが点々と見えますね。
僕が主に使う方法だと
この点は目立つもので4~7個くらいの間であることが多いです。
目のかたち、希望のラインによっても変わってきますが
良いラインを滑らかに出すために
まずデザイン時にシミュレートしたラインを丁寧になぞって点を書いていきます。
この際血管の位置の関係等でも位置、個数がかわることがあります。
(良く見るとまぶたには細ーい血管がいっぱいあるのです)

あとは内出血が出てしまうかどうか。
どうしても青あざが出てしまうケースもありますが
日を追って消えていくので様子を見ていきます。
避けれる範囲ではもちろん避けたいので
先ほども書きましたが血管の位置。
見える範囲ではうまく避けるようにデザイン時、手術時に留意していくわけです。
今回は赤い針穴(糸の通った部分)のみですね。
ただ、時間が経って内出血が出てきたり、広がったりする場合もあるので
そこも様子を見ていって、メイク等でうまく隠すことだと思います。
針穴の赤い点もメイクで隠してしまえば
問題なくわからないと思います。
ただ、数日もすれば点はわかりづらくなってくることがほとんどです。



PS
前回、前々回の記事がなぜかうまくアップされていなくて
今日夕方にアップし直しました。
なんでだろう!?びっくりしました。
アップしているのでチェックしてみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR