目頭切開でヒダを変えていくとどうなるか

今回は目頭切開です。
今回の症例は、変化度はさほど感じにくいかもしれませんが
しっかり変化させた例です。


では手術前のお写真から見ていきます。
手術前
もともとわりと目頭側の赤い部分は見えていますが
隠れている部分もまだあり
蒙古ヒダ自体は強く感じます。
目頭切開を行い、ヒダの解消と目の横方向への拡大をねらいます。


目頭切開法を行って一か月のお写真です。
一カ月
かたちの変化は見ておわかり頂ける通り。
1枚目のお写真に比較して目が大きく見える理由は
一番はアイメイク(ライン、まつ毛etc)でしょうけれど
ヒダを解消し、横方向に目が大きくなっているのもわかります。
元の目と見比べると不自然に変化した感じはありませんね。

ただ傷の治りはまだ途中経過といったところ。
傷がちょっとヒダみたいに見えているかもしれません。
でもまだ途中経過。
月日が経つにつれ、さらに落ち着いてきます。
実際に会う方がめだちにくいですけどね。
まずは様子を見ていきましょう。


なるべく奥まで出すか
ほんのりとした変化にするか
目頭切開を行う際に一番留意しているのがこの部分の調整です。
どれくらい変化させるか
しっかりとその点を考えた上でのデザイン。
手術前の下準備、とも言えるデザインは本当に重要です。
今回もまだ余地はありますが、しっかりとした変化をみせています。
さじ加減をしっかり見ていくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR