目を大きく優しい印象に

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は埋没法の例です。
タイトル通り、目を大きく、印象を優しくしていくことに
生み出されるラインが大きく関与していることが
わかりやすい例ではないかな、と思います。


お写真で検証していきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
一重まぶたの目です。
ラインを埋没法で両目に生み出していきます。


手術直後のお写真です。
直後
この時点でも目が大きく見えていますね。
目の輪郭(上方)が丸みを帯びて
更にラインも生み出された結果です。
一重→二重の変化はこの丸みが目に生み出されます。
この変化によって目つきが優しくなった、という声が聞かれることもあります。


最後に1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
コンタクトが入り、より一層目が大きく見えていますね。
メイク、コンタクトが映えやすい環境を埋没法が生み出しているわけです。
良い感じに落ち着きました。

上にも書いたように
一重の目にラインが生み出されることによって
目つきの印象が変化する、というのは良く言われることです。
目つきが悪い、といったようなことを気にして(そこまで極端ではないでしょうけれど)
二重整形を希望する人もいらっしゃいます。

何にせよ二重になることによって
ラインが生み出されることによって
プラスの効果が生み出されるのであれば
十分に受ける価値がある、と言えるはずです。
そういったプラスがあるのかどうか?
そこを考えてみて答えが出るようであれば
手術に踏み切っていくのが手でしょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR