細かな変化の目頭切開例

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開の例。
非常に細かな変化をつけた例です。

目頭切開、というのを行うとすごく顔が変わっちゃうのかな?
なんて心配する人も多いとは思いますが
その変化量は調節が可能です。

ごく控え目に変化させる人
けっこう大きく変化させる人
その間の調節が可能です。


今回の症例は非常に変化が小さい例。
手術前、手術直後のお写真で比較してみてみます。

上が手術前、下が手術が終わってすぐ、のお写真です。
手術前
直後
どうでしょう?
ほんとに細かな変化です。
僕はZ法、と呼ばれる方法を主に使うのですが
変化の度合いを決定しやすいのでメインに用いているのです。
今回はそこを控え目に、ごく控え目に変化させたパターンです。
ちょっとわかりにくいですね。

変化を小さくする場合の注意点としては
あまりにも変化が少ないと
ほとんど変わり映えしないこと。
変化しすぎるのを恐れるあまり、ちょっとだけにしてみたら
全然希望の変化に達さない、なんてことになって
もう1回目頭切開をしたい、という風になってしまう人もいるからです。


どのくらい変化させるか=どうなりたいか
という図式がなりたつので
なりたくないものになっても仕方ないので
きちんと変化量を考える必要があります。
考えたうえで、ちょっとだけの変化にするのももちろんあり、です。
(ただ、ほとんど変わらないくらいやりたい、というのであれば手術自体受けない方が良いかも、なので注意です)

考えずに突入すると思いもよらぬ結果に、というパターンもありえます。
きちんと考えたうえで変化量を決めて施術を行えば
不測の事態におちいる、なんてことはないでしょう!

ちょっとすぎてもダメ
やりすぎてもダメ。
欲しい変化のところまでもっていくことが大事です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR