強く変化させる目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回はもともと目頭切開を一度受けられていて
左右差、傷跡等気になり、さらなる効果も生み出したい、ということでご来院されました。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
細かく言えば確かに目頭に左右差はありますね。
大きな差ではないのでこのくらいの場合は様子を見てよいと思います
今回はさらに目頭切開の効果を強く出したい、というのもあるので
大きく変化させるべくデザインして
左右に再度の目頭切開を行っていきます。


1週間後、抜糸の際のお写真です。
一ヶ月
目頭切開、手術を以前受けられた方の場合、念のため抜糸は1週間後にしています。
今回は強めの変化を求める、ということで
できる範囲で奥の方まで目頭側の変化をつけています。
奥まで、限界ちかくまで、といったような風に
強い変化をつけてあげた場合、左右差はほぼ出なくなります。
出ているのかもしれませんが、通常わかりづらいです。

もともと目頭切開の効果があった目なので
比較がちょっとわかりづらいかもしれませんが
よりシャープに、美人系に変化しているのがわかります。

なるべく大きく変化させる、という人もいらっしゃいますが
目によって限界はあります。
でもできる限り、というリクエストにはお答えできるので
カウンセリング時に伝えていただき
共に考えていくのがよいかと思います。
変化させすぎてしまうと違和感がある場合もあるし
全く問題なく綺麗な場合もあるし
好みや考え方にも寄るので、しっかり考えて決めていくのがよいでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR