前回の続き! 目頭切開の経過

ドクター松井クリニック 松井です。
昨日の続き、おなじ方のお写真を見ていきます。
目頭切開の症例でビフォー・アフターといった趣で経過を見てみましょう。


上が手術前、下が1か月です。
(手術直後、抜糸時のお写真は昨日の記事で掲載しています。)

手術前

一カ月

1か月も経つとだいぶ傷もおさまっていますね。
なんとなく赤いかな? ここが傷跡かな?
といった部分はありますが、あまりわからないですね。
知らなければ気づかないですよね。

そしてさらに落ち着いていくので
もっとわかりにくくなってしまうと思います。
1か月の時点ですっぴんでこんな感じであれば
経過は少し早い方かな、と思います。
非常に良好ですね。

大きく変化させた例ではありませんが
BEFORE・AFTER 2枚ならべて見てみると
自然ながらも切れ長さを増したその変化はわかります。
こういった変化もあり、ですね。


昨日の記事では直後や抜糸をした際の見た目、に注目しました。
最初は大変なところもありますが
得られる変化が自分にとって価値あるもの、と考えられるなら
十分に乗り越えられるもの、と言えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR