目頭切開 糸がついているの図

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
糸がついている手術直後や、抜糸したときどんな感じか、を見てみましょう。

まずは手術前からです。
手術前
目頭切開で横方向への目の拡大
切れ長の目に変化させる感じを狙っていきます。


手術が終わり、すぐのお写真です。
直後
こんな感じで縫っています。
Z形成と呼ばれる手法の応用で目頭を生まれ変わらせているのです。
糸がついているので、うわっと思う人がいるかもですが
ちょっとの間の我慢。
ここは辛抱のしどころです。



ということで抜糸です。
抜糸時
5日目で抜糸しています。
微妙にかさぶたがついてたり、赤くなっていたり。
抜糸時には赤くない傷でも
ちょっとしたら赤くなってくる場合もあり、という感じで
ほとんどの人は赤みがでます。
赤みはしばらく続きます。
メイク等でうまく隠していきましょう。

内出血も多少出ているような、出ていないような。
もっと多く出る人もいますが
この患者様よりもう少し周りが黄色くなって、というくらいが平均的かな、と思います。


糸がついている期間はどうしても変な感じではありますが
良い形、しっかりとした変化(度合いの大小ではなく)を生み出すためには
きちんとした方法、もどったりしない確立された手法をつかわなくてはいけません。
素晴らしい結果を手に入れるために
頑張っていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR