他院目頭切開後の傷修正および再度の目頭切開を行った一例

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


今回は目頭切開です。
他院で以前目頭切開を受けられていて
ほとんど結果が見られず、傷だけが残ってしまっていて
なおかつ残った傷跡の一部が目立っているということで
今回、再度目頭切開を行いたいとご来院されました。

手術前のお写真です。
手術前
目立つキズ跡ですが特に左かな、と思うけれどもどうでしょうか。
目頭部分に縦に長く残って見えます。
1年以上経っていてこの感じなのでこれは残ってしまったもの、と言えるかと。
右も同じような部分にあるのですが、輪郭に沿った部分が多く、左ほどは目立たないです。
目頭切開の効能、目頭の形を変えていくという点では
左の方がより効果が出ていないかな、といったところ。
右も変化の余地はまだあります。
わりと大きな変化を求める、ということなので
これでは確かに変化が少ないかと。

推測になりますが
おそらく手術を行った頃は結果が出ている=ちゃんとした変化があったのだ、と思います。
いわゆる単純切開法といわれる方法でひっぱって作った変化で
時間が経って戻ってしまい、伴って傷も目立ってしまった、そんなところだと思います。
ただ切り取って、引っ張って縫い合わせるだけの方法では戻ってしまうことが多いのです。
なのでこちらサイドとしては工夫をしてZ法、W法などと呼ばれる方法で結果をだそうとしているのです。
でもいまひとつのやり方を続けている人もいるわけです。

ということで傷の修正も考慮しつつ
目頭切開を両目に行いました。
直後
手術直後でこういった感じ。
ちょっと変化が強調された感じで出ていますが
蒙古ヒダが変わった、目頭がきちんと変わった、というのはおわかりいただけると思います。
伸びていた傷跡は一部修正したのと
Z法、という皮膚を入れ替える方法で分断されて
無くなった、と言ってよいほど修正されているのがわかります。
これは抜糸後のお写真の方がわかりやすいかな。

ということで1週間後、抜糸の直後です。
1週間後
最初の写真で目立っていた傷のようなものは完全に見当たりません。
良い感じなのでは。

最後は1か月目です。
一カ月
メイクをしてこんな感じ。
メイクで強調され、目頭は光っていて
そのおかげで傷もわかりづらいですが
すっぴんでもずいぶん良い、とのことでした。
術前の傷跡に関しては全く問題なしです。
形としても納得のいく結果が出せた、と喜んでいただけました。

単純切開という三日月形に切って引っ張るだけの方法は
戻ってしまうことが非常に多く
その結果、今回の例のように変に傷跡が目立ってしまう場合があり
僕はメインで使うことはありません。

1枚目の写真のような長く伸びる傷跡が
人によってはまばたきのたび微妙に動いて見えて
そのせいでさらに目立ったり、なんてこともあるので
意図しないことが起きやすい、と感じています。

効果のコントロールをしやすいので
僕はZ法を中心に据えた方法で行うことがほとんどです。


PS
気づけば目頭切開の記事がここのところまたずいぶん多いなあ、と。
うちではかなり人気の手術といってよいかな。
継続して気合いを入れて頑張っていこうと思います!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR