目の開きに関与する埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
ミューラー筋、という目の開きにかかわる筋肉を操作しつつの埋没法の例です。

手術前から見ていきましょう。
手術前
もともとごく狭い奥二重ラインがある、という感じでしょうか。
下のお写真に比べて、目の開きが大きいのがこの手術前のお写真の特徴。
これはどういうことを意味しているでしょうか?

写真をよく見てみると、けっこう眉毛の位置が違います。
1枚目、手術前はかなり眉毛を上げているのです。
眉毛を上げることによって、目の開きを確保している。
目の開きがやや弱いのが理由、と考えられます。
編集したお写真だとちょっと伝わりにくいですが。

ということでラインを生み出すと同時に目を少し開けるように糸をつけていきましょう。
埋没法直後のお写真、見てみましょう。
直後
糸がつくことで目が重くなる部分もあるのですが
開きやすくなるような糸のつけ方での
プラスマイナスで、プラスの方が勝ち、目が開きやすくなっています。
そうなることで眉毛を上げなくなっているのです。

無理に開いた感じがなくなり
落ち着いて感じますね。
直後なので完成形よりはやや目が重く見えますが。


最後は1週間後。
一週間
もろもろ落ち着いて
眉を上げ見開いている度が強い1枚目よりもちょっとだけ目は小さいかもですが
眉毛を上げずにいてもこういった感じです。

1枚目のお写真みたいな術前の状態ですでに目の開きも良く見えるし
それはそれでいいのかもしれませんが
目を見開くために変に眉を上げ続けていると
おでこにシワが寄るようになり
しだいにシワは深く、消えないものになってしまいます。
眼瞼下垂に対する治療としての重瞼術(二重整形手術)は
こういった部分に足ししても意味を持っています。

こんな風にすぐ眉毛を上げるクセが無くなるパターンはあまり多くないので
(徐々に慣れていき、だんだん癖が無くなることの方が多い)
変化の参考になるかと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR