目を閉じたときのお写真の比較

今回は埋没法の目を閉じたときのお写真
経過を追ってみてみましょう。

手術がおわってすぐ、ってどんな感じかな?
という人は是非参考にしてみてください。



まずは埋没法が終了してすぐ、のお写真です。
術直後
ちょんちょんと赤くなっています。
ひとによってはもっと青い部分が多くなったりもありえます。
内出血、ですね。
内出血はものすごくひどいものが出たとても時間で変化していきます。
悪いケースでも、切開法のようなダメージの大きい手術でも
普通の健康な方であれば2週間くらいまでです。


1週間後も比較してみてみましょう。
一週間
特別問題もなく落ちついていました。
ただ、目を閉じたときぽつっとして見えたりするケースは
もっと時間が経ってから(1か月だとか)出てくることがあるので
もしあまりにも目立つ場合は
一度糸を取り外して、再度つけてみる、という手があります。
変にぽつっとする方が確率として明らかに低いから
直してみる価値が十分ある、ということですね。


開眼
目を開いてこんな感じ、ということで
今回の記事は終了です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR