狭いラインも意味がある。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法のお写真を見ていきます。

人によって目は違う。
このブログにもいろいろな目が掲載されています。
その目に対して、どんなラインを生み出すか。
そこも本当にそれぞれです。

それぞれの好みや希望
そして自身の目に合うのか、可能なのか。
カウンセリングの際はそういった点を意識しつつ
ラインを考えていくことが必要です。


ということで今回の症例を、まずは手術前から見ていきます。
手術前
一重まぶたの目、少し目が重い印象です。
こういった場合、あまり広いラインを生み出すと
眠たそうな目になってしまいやすいです。
無理のない範囲でラインを生み出し
目を大きく見せていきましょう。

ということで埋没法を両目に行い
手術集終了直後のお写真を撮りました。
直後
大きな腫れはないのがわかります。
この時点でも綺麗な末広型の二重ラインですね。
次のお写真と比較すると
気持ち目が重たいかな、というところ。
埋没法直後は目の開きが弱まりがちなのですが
今回の場合、それほど重さはでていません。


1週間後のお写真でそこも見てみましょう。
一週間
開きに対するアプローチは無理に行わず
広すぎないラインでの施術を行っているので
普段アイプチやメザイクで作っているのと
ほぼほぼ変わらない印象に仕上がっていると思います。


カウンセリング時に目に合っているか?可能なのか?を考えていくべき、と上記しましたが
可能なのか?という点では
やはりクセがつきやすいラインは施術しやすい、ラインが生み出しやすい。
普段アイプチで無理なく生み出せているラインは可能なことがほとんどではないかと思います。
そういったラインをうまく仕上げて生まれ変わらせたのが
今回のお写真のようなパターンだと言えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR